整形外科の看護師求人に強い転職サイトは?

整形外科の看護師求人を選ぼう!~もうこれ以上、転職先を間違えない!

整形外科の看護師求人を選ぼう!~もうこれ以上、転職先を間違えない!

整形外科の看護師求人を選ぶ時には、注意すべきことがいろいろとあります。整形外科といっても、いろいろな職場があるのですから、「整形外科で働ければ、どこでも良い!」というわけにはいかないのです。

当サイトでは、整形外科の職場に転職したいけれど、どのような基準で求人を見ていけばいいのかわからない方や、そもそも整形外科についてあまり詳しく知らない、という方のお役に立てるよう、テーマ毎に整形外科について詳しく説明しています。

当サイトを読んでから、整形外科の求人探しをすれば、「こんなはずじゃなかった!」という後悔を避けることができます!

まず、ここでは整形外科の求人選びの注意点4つをまとめました。

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点=どんな施設なのか?

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点の1つ目は、どんな施設なのかです。整形外科といっても、いろいろありますよね。

総合病院の整形外科、整形外科専門病院、整形外科クリニック。これらの施設では看護師の仕事内容や患者さんの特徴は異なります。

総合病院の整形外科の特徴

整形外科の患者さんは忙しい!

総合病院の整形外科では、内科疾患や外科疾患を併発している患者さんが少なくありません。患者さんを疾患の部位だけでなく、総合的にアセスメントして看護していく必要があります。

整形外科専門病院の特徴

整形外科専門病院は、整形外科の看護師として専門的な知識・技術が要求される職場になります。

整形外科専門病院は、幅広い整形外科疾患の患者が入院しています。ただ、頚髄損傷や骨盤の複雑骨折など命にかかわるような疾患はそれほど多くはありません。

ただ、整形外科の看護師として専門的な知識・技術が要求される職場になります。

整形外科クリニック

整形外科クリニックでは、日常生活は何とか送れているものの、慢性的な疼痛に悩んでいるような患者がメインになります。

整形外科クリニックでは、日常生活は何とか送れているものの、慢性的な疼痛に悩んでいるような患者がメインになります。また、退院後のリハビリのために受診する人も多いですね。

整形外科クリニックでは日常生活を考慮した看護が必要になります。

このような違いがありますので、どのような看護をしたいのかを考えて、どんな整形外科の施設で働くかを選ぶと良いでしょう。

また、それぞれの施設では給料の違いもありますので、給料を1つの基準にして選ぶのも良いと思います。施設別の給料の目安は、「整形外科の看護師の給料は高い?安い?給料の目安と給料アップ方法をコッソリ教えます!」を参考にしてください。

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点=救急外来・救命救急センターはあるか

救急外来や救命救急センターがある病院では、交通外傷などの患者さんが運ばれてきます。

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点の2つ目は、救急外来や救命救急センターがある病院かどうかです。

救急外来や救命救急センターがある病院では、交通外傷などの患者さんが運ばれてきますので、多発性外傷など重症な患者さんが多く入院しています。

頚髄損傷で人工呼吸器をつけていたり、骨盤骨折で輸血がどんどん必要な人などですね。重症な患者さんは全身状態が悪くなって、DICなどを併発し、全身管理が必要になることも珍しくありません。

そのような患者さんの看護は、とても大変ですが、看護師としての貴重な経験を積むことができるので、スキルアップしていくことができるのです。

重症患者が多く、全身管理の看護も行いたい人は、救急外来や救命救急センターがあって、交通外傷などの患者さんが多い病院の求人を選ぶと良いでしょう。

整形外科の中でも重症患者が多く、全身管理の看護も行いたい人は、救急外来や救命救急センターがあって、交通外傷などの患者さんが多い病院の求人を選ぶと良いでしょう。

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点=患者の年齢層や疾患の傾向

スポーツ整形の患者は、マッチョなイケメンばかり!?

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点、3つ目は患者の年齢層や疾患の傾向です。整形外科は小児から高齢者まで幅広い年齢層が受診します。

でも、そこで働くドクターの専門性によって、患者の年齢層は違ってくるのです。「ここは老人専門病院かな?」と思うほど、高齢者ばかりの病院もあります。

一方で小児整形を専門にしているドクターやスポーツ整形を専門にしているドクターがいる整形外科は患者の年齢層が低めになります。

また、リウマチの患者さんが多め、脊髄損傷の患者さんが多め、スポーツ整形の患者さんが多めなどの疾患の傾向も整形外科によって変わってきます。

整形外科未経験の看護師や新卒看護師は、経験を積むためにも幅広い疾患・幅広い患者の年齢層の整形外科を選んだほうが良いと思います。

経験を積むためにも幅広い疾患・幅広い患者の年齢層の整形外科を選んだほうが良いと思います。

すでに整形外科を経験していて、違う整形外科に転職したい看護師さんは興味のある疾患・年齢層の整形外科を選ぶべきです。

整形外科の求人選びをする時には、患者の年齢層や疾患の傾向などをきちんと調べておくことをおすすめします。

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点=1日のオペ件数と残業時間

1日のオペ件数と残業時間は事前にチェックしておきましょう!

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点、4つ目は1日のオペ件数と残業時間です。整形外科は一部のクリニックを除いて、手術を行っているところがほとんどです。

総合病院の整形外科でも手術を行っていますし、整形外科専門病院も手術をしています。整形外科クリニックも日帰り手術を行っているところが増えていますね。

手術を行っている整形外科で働くなら、1日のオペ件数と残業時間を調べましょう。

そこで働く看護師数によっても左右されますが、基本的に1日のオペ件数が多ければ多いほど、看護師の仕事は忙しくなります。

オペ中に用事を思い出しても、帰ってはいけません!

しかも、忙しいということは、残業する可能性が高いということです。オペは予定通り進行しないことも多いですから、オペ時間が日勤終了後までずれ込んでしまうこともあるのです。

「1日のオペ件数が多い=忙しい=残業時間が増える」ことになりますので、1日のオペ件数と残業時間は調べておくようにしましょう。

まとめ

イケメンドクターがいっぱいいる病院は紹介してもらえるのか!?

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点4つをまとめました。整形外科といっても、たくさんの職場があり、それぞれ少しずつ特徴や傾向が違います。

転職してから後悔しないためにも、求人選びをする時には、細かい部分まで詳しく調べてから求人選びをするようにしましょう。

もちろん、4つの注意点だけでなく、各病院・クリニックごとの給料や年間休日数、有給消化率、福利厚生、人間関係なども調べておくようにしてください。

でも、自分でこれらのことを詳しく調べるのには限界がありますし、何より面倒ですよね。そういう時には、転職サイトを利用すると良いですよ。転職サイトなら、コンサルタントがあなたに代わってすべて調べてくれます。

もちろん、4つの注意点だけでなく、年間休日数、有給消化率、福利厚生、人間関係なども全部調べてくれますので、希望に合った求人を見つけることができるのです。

転職サイトランキングを見る